私は大学4年生の時に運転免許を取りました。

その頃やはり教習所に通っていた同じ大学の男子とどちらが早く免許を取れるかで、ケーキを掛けて競争しました。

彼と私は違う教習所に通っていたので、技能が取れる確率が違いました。更に年末だったので、みんな年内に取ろうとするので、なかなか空きがありません。

彼の方は大体毎日乗れたようで、結局私が数日遅れてしまい、彼にケーキをおごらなくてはならなくなりました。

東京の広尾に私の好きなケーキ屋さんがあったので、そこへ行こうと思いました。私の家には車が無かったので、彼が買った中古の車で池袋辺りから広尾まで2人でドライブすることに。

2人共初心者ですから、初心者マークを前後にしっかり貼りつけ、行きは彼が運転しました。

若いと言うことは怖いもの知らずで、お互い免許取りたての身でも怖いという気持ちは全然ありませんでした。

お互いの運転が巧い方なのか、下手なのかもわかりませんが、とに角試験には受かって免許を取れているのですから、安心といえば安心でしょうか。

また、彼は無謀な運転をするタイプとは正反対の性格だったので、その点は良かったと思います。

行きは彼の運転で。

ある大きな交差点を走っている時、黄色信号になりました。

そのまま彼は進みましたが、途中で赤になり、彼の車だけが交差点の中にほぼ1台分出る格好になってしまいました。

これでは他の車の邪魔になってしまいます。2車線か3車線の大きな道路だったので横を見ると、隣の車線には車が前の方にいるだけで開いています。

そこで、私は彼に、「ちょっと下がってあの車線につけよう」と言いました。

すると、彼は何を思ったか、ダーッとバックをして、交差点のど真ん中に停車したのです。

私は「下がって」とは言いましたが、確かに隣の車線を指さして「あの車線につけよう」と言ったのですが・・・。

私はビックリしましたが、もうこちらは赤信号だし、青信号の方の車が大量に走り出した後なので、もうそこにいることしか出来ません。初心者マークを付けていましたから、他の車も「しょうがないな」と思って見ていたことでしょう。

それから彼に私の意図を説明しても無駄なので、私も黙って信号が変わるまで待ちました。大きな交差点だけに、なかなか信号が変わらないので何となくハラハラしました。

ケーキ屋さんで2人でケーキを食べ、帰りは私が運転していい?と聞くと、彼がいいと言ってくれたので、私が運転席に座りました。

エンジンを掛けた途端のことです。いきなり車が後ろに動き出しました。私はどちらに動いているかも何が起こっているかも一瞬わかりませんでしたが、取りあえずブレーキを踏んだのは奇跡でした。

すぐ後ろにも車が停まっていたからです。

何が起こったのかというと、彼は行きに駐車した時、教習所で習った通りギアをバックに入れて車を下りたのです。

ところが、私は普段彼氏の車を運転させてもらっていたのですが、その彼氏が、駐車する時バックに入れずニュートラルにして降車していたので、私もそうしていたのです。

ですから、エンジンを入れても動くはずがないと、ギアの確認もせずに勝手に思い込んでいたのでした。危なく後ろの車に激突するところでした。

行きも帰りも何だかしまりのないドライブでしたが、とに角事故らず、怪我も無く、命を落とすことも無く帰れて本当に良かったです。ケーキも美味しかったです。

私も一応学生の時に運転免許を修得したのですが、完全にペーパードライバーになってしまっています。何故なら自動車教習所に通って分かったことは、自分がいかに自動車の運転に向いていないかということだったからです。何度も追試と再試験の結果かろうじて運転免許は手にいれましたが、運転が下手くそな上に方向音痴で自ら進んで公道で乗ろうとう気になれなかったのです。

そんな風に運転が滅茶苦茶苦手な私にとって、運転が上手い男性というのはそれだけでスゴイなと思います。勿論今はほとんどの人が免許を持っているし、大抵の人がきちんと運転できるんですが、それでも上手い下手はありますよね。 バックとか車庫入れとか迷いなく一発でスムーズに決めている姿は普段の3割増しくらいでカッコよく見えます。

だから私にとってドライブデートはかなりポイントが高かったりします。それに車って動く密室だからデートには最適の乗り物だと思うんですよ。家まで迎えに来てくれると尚いい。私としては方向音痴で地図を読むのさえ苦手なんですが、最近の車にはカーナビがついているからいいですよね。助手席でナビをする必要もなくのんびり運転する姿を堪能することが出来るのです。

私としてはドライブはどこに行くかではなく、どれだけの時間乗っているかの方が気になる部分で、渋滞とかで景色が全然変わらず、全く前に進まない状態で車に乗っているのは嫌ですが、車が走っている状態なら長距離のドライブも歓迎です。

ただ途中で運転を変わるとうのは私には無理なので、その点は事前にきちんと相手に伝えています。まあ運転が好きな男性というのは多いので、車が趣味な人とは結構相性が良かったりします。まあ車についても私は大して詳しくないので、相手の言葉を素直に聞いているだけだったりします。

若い頃はデートでドライブに出かける事が多くて、行き先を決めずに行き当たりばったりで車を走らせることもありました。地元が神戸なので、港の方へ出かけては2人で海を眺めながら、なんでもない話を永遠としていても、飽きないほどでした。

少し足をの出して大阪の方へ行ってみたり、夜中にドライブしながら街の夜景や繁華街を歩く人を観察しながら、「あの人はこれから家にかえるのかな」「あの家族は深夜なのに小さい子供を連れている」なんて、言いたい放題好き勝手な話題で盛り上がっていました。

夜に車を走らせていく定番の場所は決まってドン・キホーテで、色々な商品をみながら大型家電量販店で買うより安いのに驚いたり、部屋着や日用品を揃えたり、面白パーティーグッズを試してみたりして、夜中の眠れない2人にはいい時間つぶしになっていました。

そんなドライブを良くする2人なのですが、運転するのは決まって彼の方だけ。私はというと、免許も持っていないので助手席が定位置になっていました。私が疲れた時などに運転を変わってあげたりできるので、運転免許を取りたいと言い出しても、彼は自分以外がハンドルを握る事を嫌うほど、車の運転が好きな人だったのです。

そんな彼はちょっと危険な走りが好きなドリフトファンの彼でした。ドリフトとは、故意に車を横滑りさせたりして楽しむ車のスポーツとでもいう物でしょうか。時にはサーキットへ連れて行かれることもありました。

私は彼と出会って初めてそんな世界がある事を知る事になったのですが、隣に私が乗っている時でも気にせずドリフト走行をしてしまうのです。サーキットについて行って、毎回一緒に乗せられてしまうのです。断り切れないのは私の性格なのですが、彼は私に自慢のドライビングを披露出来るのが楽しいようで、私も吐き気をこらえながらも、そんな彼の横顔を見る事が好きでした。

そんな彼の車なので、乗り心地はお世辞にもいいとは言えず、振動はお尻が痛くなるほど体に伝わってくるし、何だかわからないバーが車内に張り巡らされていました。運転席のシートはバケットシートと言われるホールド性に優れた物で、常に燃費を気にしていたので、エアコンを掛ける事は少なかったです。

車の走行音は、私の家の近所を走ってほしくないほどの騒音で、これでは街中では走れないなと密かに思っていました。そんな車でサーキットへ出かけるので、横に座らされる私は内心冷や汗が止まらず、いつ気絶してしまうかとヒヤヒヤしていました。

しかし、彼と過ごす時間の中で私の中にも少しづつ車の知識が入ってきたのも事実で、少しづつ彼の趣味に共感している自分がいました。いつしか、彼と一緒に車の話が出来るまでに私自身も成長していたのです。そんなことをふと感じ、一人で笑ってしまっていました。

そんな彼も、結婚した今となっては落ち着いてくれて、昔よりはサーキットへ行くことも少なくなりました。家庭を持って、日常的に使いやすい車に乗り換えましたが、家の駐車場にはあの頃を匂わせる車が1台綺麗なままで維持されています。

今でも週末には洗車をしたり、色々メンテナンスをしています。彼にとっては今でも数少ない趣味の一つなのですが、いつのまにか、私にとってもいい思い出になっていました。またあの助手席に乗るのは勘弁してほしいですが、あの時と変わらず車をいじっている楽しそうな彼の横顔を見つめる事が私は今でも楽しくてしかたがありません。

私の好きなドライブコースは、新潟県にあります。北陸自動車の燕三条インターを下りて、弥彦村を抜け、寺泊に向かうコースです。

新潟といえば「米どころ」というくらいですから、インターを下りる手前から見渡す限り田んぼという景色に出会えます。私は夏場に新潟に帰省することが多いので、この景色は見慣れていますが、それでも毎年、キレイだなと思います。

インターを下りて、少し繁華街を通りますが、すぐにまた緑の田んぼがあちらこちらに見えてきます。のどかで広大な景色の中をドライブするのは本当に気持ちいいです。見渡す限り一面、緑の田んぼと晴れ渡った青い空、夏場には入道雲がもくもくとでていて、絵に描いたような夏休みの景色が見て取れます。

田んぼを過ぎて、弥彦村に向かうと、今度は緑いっぱいの山が見えてきます。ここで、寄り道するのもオススメです。この山のふもとに、弥彦神社という大きくて立派な神社があります。ここは、パワースポットとしても知られていて、多くの人が訪れます。

敷地内からは、ロープーウエイの乗り場まで行くバスが出ており、弥彦山にのぼることも出来ます。弥彦山の展望台からの景色も、海と田んぼが一望でき、オススメです。

弥彦村を過ぎて、しばらく川沿いの土手をドライブすると、今度は寺泊港です。ココは、「魚のアメ横」とよばれる魚市場があり、いくつものお店が並んでいます。獲れたての新鮮な魚が、あちらこちらで売られています。食堂もあります。カニも有名で、いけすには生きたカニが入っています。これも見応えがあります。

ここで、美味しい物をいっぱい食べて、満足したら、今度はシーサイドラインをドライブをしながら、また、燕三条インター方面に帰ります。田んぼも、山も、海も、いっぺんに楽しめるこのコースは、新潟に訪れたら是非、行ってみて欲しいです。中身の詰まった、贅沢なドライブコースだと思いますよ。

その日は、天気が良かったので、友人と話しをしていて、ドライブをしようということになりました。ドライブをするというのは、主婦にとっては、とても嬉しい事です。それは、日常の生活から離れて、素敵な空間の中で、楽しく過ごす事ができるからです。

そのため、時々生活をしていて、日頃の空気を変えたいと思った時など、直ぐに出かけることにしています。今回は、友人と2人で出かけることにしましたが、時々私一人でもいくことがあります。
それは、お気に入りの音楽を車の中で流しながら、移動することによって、気持ちよくなりリフレッシュする事ができるのです。そしてその日が休みの日だったりしたら、最高の一日にする事ができます。

そしてそんな時に、ドライブをするのは、どこに行くと言うこともなく、車で移動することにしています。
例えば、車でドライブをしていて、話の中で、新しいレストランに行きたいということになったら、そこにいくことにしたりします。すると、その車の中で、いきなり決めたことを実行できる楽しさを感じるのです。
そのため、そのように直ぐにいくところを決めることもあります。

その日にいったのは、学生の時に楽しかった思い出の場所にいくことにしました。そこは、滝があってその滝をみると、パワースポットとしてエネルギーをもらうことができるような気持ちになって、よくそこにいっていたのでした。実際に、移動するとかなりの距離がありますが、そこに到着すると、本当に癒しをもらうことができたのです。

ただ、車でドライブをするということが1番、楽しかったという記憶があります。それは、何気ない話をしたり、素敵な風景を見ることによって、自分が生きていると実感をする事ができるのです。
そしてそれは、車という特殊な空間でないと、感じることができない素晴らしさだと思っています。

私が子どもの頃飼っていた犬は、ドライブが趣味でした。
当時は犬は外飼いだったので、たまに庭から脱走してしまうことがあったのですが、そういうときもあまり遠くには行かないで、隣の家の庭などからこちらの様子をうかがっているような犬でした。

でも、「ご飯よ~」とか「お菓子よ~」とか呼んでも戻ってこようとはしなかったんですが、「車に乗るよ~」と言って、車のドアを開け閉めする音をさせると、急いで戻ってくる犬でした。

そんな犬だったので、父の運転で、家族で祖父母の家に行くときに犬も連れて行くと大喜びでした。
犬は車の後部座席に乗って、窓を開けて、窓枠に前足をかけて、外を眺めるのが好きだったので、私が後部座席に座り、犬が外を見れるような長さでリードを持っていました。

犬は、毎回乗るたびに左右どちらの景色が面白いか迷うようで、乗り込んでしばらくは落ち着きなく、左右を行ったり来たりしました。
行ったり来たりするたびに私の足を踏んだり、太ももを踏んだりするのが痛かったのですが、犬のその様子が可愛くて、私は痛いのも気にならなくて、いつも笑っていました。
私はだいたい左側に座っていて、犬は毎回迷うくせに、結局はいつも私がいる左側の窓を見ることに決めて、私の足を踏みながら、外を見ていました。

車なのだし、帰り道だと夜なのだから、すれ違う車のライトを見たいなら右側になると思うのですが、田舎で、真っ暗な景色の方が多い左側を選んだということは、後から思うと、犬にとっては、私と一緒に外を見るという状況が楽しかったのかなあと思って、改めて、当時の犬の様子が可愛くて、なつかしく思い出します。

犬は、お出かけすること自体よりも、車に乗ることが好きだったようで、一度川に連れて行った時は、川原で遊ぼうともしないで、車のそばにいました。
私は今は普段は車に乗らない生活をしているので、ドライブというと、子どもの頃飼っていたその犬を思い出します。

SA目指してドライブする

| SA情報 |

高速道路に設置されている、サービスエリア(SA)や、パーキングエリア(PA)。ただ休憩するためにあるなんては、一昔前の話です。最近の充実ぶりを見ると、SA目指してドライブするっていうのも、アリな話ですよ。

○遊園地があるSA
伊勢湾岸自動車道の刈谷PAにある刈谷ハイウェイオアシス・岩が池公園には、なんと遊園地があります。遊園地には観覧車やメリーゴーランドなどがあり、小さいお子様が大喜びする施設となっています。また、アスレチックや天然温泉施設まで併設されており、その他にもバラエティに富んだフードコートや、東海地区の名物が勢ぞろいしたショップなど、家族全員が一日楽しめる充実した施設となっています。

また、ここはTVなどでも話題になったデラックストイレがあり、絨毯敷きの床や木製の調度品など、ただのトイレ休憩だけでは勿体ない作りとなっています。

○温泉付きホテルに泊まれるSA
東名高速足柄SAには、温泉付の宿泊施設があります。長時間のドライブの疲れを取るためでだけでなく、癒しとリラクゼーションの空間として、またはファミリーでの憩いの空間として、温泉につかりながらほっと一休み、なんていいですね。

○キャンプができるSA
徳島自動車道吉野川SAには、バンガローやログハウス、キャンプ場があるハイウェイオアシスがあります。テントの貸し出しはありませんが、車を乗り入れてのオートキャンプも可能です。ふれあい動物広場や、なんと遊覧船もあります。

○困った時のコンシェルジュ
コンシェルジュって聞くと、一流ホテルのイメージですが、何とSAにも居るんです。渋滞情報などの交通情報提供をはじめとして、SAのおすすめメニュー・お土産の紹介、周辺の観光スポットの案内や、車椅子、ベビーカー、老眼鏡などの無料貸し出し、コピーやFAXのサービスもしてくれるとのことです。困った時に気軽に相談できるサービスとなっています。

栃木県の日光江戸村をめざしてドライブに出かけました。お天気も良く家にいるのはもったいないと言うことで、突如出かけることが決定され、行き先は日光江戸村にしました。今まで話題にはのっていましたが、行った事が無い私はちょっと楽しみでした。できたら、花魁の格好をして、「あちきはー」などと言いながら写真を撮りたいと一人で妄想していました。

しかし、高速を降りて江戸村に向かう道が大渋滞でした。時間はどんどん過ぎていきます。このままでは、花魁ができないと心配でなりませんでした。どの位時間がたったでしょうか?隣で運転している夫は今日はもう諦めようと言い出しました。江戸村に行っても色んな場所や遊びも満喫できないから、次回にしようと提案してきました。私も花魁できないなら、次回でいいと思いまして、行き先変更となりました。

新しい行き先は大谷観音と地下坑内です。ここも、行ったこと無いので、楽しみでした。現地についてすぐに地下坑内の探索です。地下に降りて行くとびっくりです。なんと広い地下の採掘場、そして、その風情はピラミッドを思わせるような神秘的な光の中にタイムスリップしたようでした。階段を一段づつ降りて、直角に切り出された壁は高く冷たく、どんな方法でこの形になったのか想像もできません。

坑内は音楽祭や結婚式、企業のレセプションに利用されその写真が飾られていました。神秘的な空間で行うそれぞれの行事は想像をこえる異空間をもたらしてくれるように感じられます。しばらくこの坑内の深い空気にふれ異次元を満喫して外の空気に触れました。良い時間を過ごしたと思います。

次に大谷観音を拝観し、欲張りな私はたくさんのお願い事をして、白蛇の頭をなで金運成就を願い大谷寺を後にしました。平和観音にも会いに行き私たちのドライブの帰路につきました。帰りに有名な宇都宮の餃子をたらふく食べ、お土産も買って家路につきました。とても楽しいドライブをした一日でした。

私のオススメのドライブコースは、三浦半島1周コースです。海が好きな方には、大満足のコース間違いありません。
半島の一番外側に沿ってドライブするので、絶えず海を見ることが出来て、天気が良い日などは、とても気持ちが良いです。

横須賀、浦賀、三浦、三崎、葉山を抜けての海三昧コースです。なるべく早くからお出掛けください。昼時に三崎に到着する予定でドライブすれば、美味しいマグロのお店でランチも出来るので、ちょっとした日帰り旅行のような気分になれますよ。

ランチの後は、油壺マリンパークという水族館に寄ってみるのもいいでしょう。その後、葉山方面に向けて車を走らせ、途中に秋谷の立石公園があります。この公園は、「かながわの景勝50選」や「横須賀風物百選」に選ばれている絶景ポイントです。特にオススメは、夕暮れ時です。天気の良い日が前提ですが、富士山も見ますし、サンセットは本当に絶景です。地元の方でも、何回見ても、絶景だと言っていますから。駐車場も無料ですので、ここは、外せませんよ。

その後は、近くにビーカーのプリンで有名なマーロウの本店があります。ここで、プリンを食べながらお茶をするのがベターです。立石海岸の駐車場にも、ドンとう有名な美味しいレストランがあります。ここでは、絶景を見ながら食事をすることができ、有名なお店です。

その他にも、海を眺めながら、食事を楽しめるお店がいっぱいありますので、事前にネットなどで、情報収集をしておくと良いと思います。少し高級なお料理を食べたい方には、「C333」や「葉山テラス」がオススメです。「葉山テラス」では、エントランスに車を預け、スタッフが車を入れてくれるサービスなどもあるので、セレブ感を味わう事ができるでしょう。

そして、更に、海岸線を進み葉山へ、葉山御用邸が見えてきます。このように、このコースは、旅行をしたような気分を味わえるコースです。私は、休日に妻と良くこのコースをドライブで回りますが、飽きる事のないコースです。

田舎ですから、車が無ければどこにもいけないわけです。
バスが通っていたり、駅から近かったりすれば、それを利用できるのですが、無ければ足は親の運転する車か自転車かのどちらかになります。

大半の中高生は自転車を選択するのですが、エコですね!自転車の行動範囲は広いようで狭いのです。
小学生であれば自転車での範囲、友人の家や郊外にあるスーパーで満足するのですが、中高生ともなれば、途端に足りなくなってしまいます。

退屈は部活動やバイト、勉強で埋めることは出来ますが、ふとして空いた休日の時間、どこへ遊びに行こうかと考えて、余りにも選択肢が少ないことに溜息を吐いてしまうのです。

高校生ともなれば、卒業後免許を取ることを視野に入れ始め、進路が決まった次の日から、教習所の資料を取り寄せる人もいます。それから免許を取り、車を買って、初めて友人とドライブに行きます。そうなってから、どれだけ自分が小さな世界で過ごしていたかを知ります。

私の初めてのドライブは海でした。進学の為、他県に出ていた私は久しぶりに友人たちと遊ぶことになりました。集まってから、何をするか考えていなかったことに気づきます。

どこへ行こうか。何をしようか。

車の中で、あれやこれやと言っている内に、一人が海へ行こうと言い出しました。
海。私の実家から海は遠く、付近に海水浴場も無い為、漠然と海は遠い場所にあるものだと考えていました。

特に行きたい場所も無かった私は、海へのドライブに賛成しました。季節は四月、まだ肌寒い季節でした。私たちは高速に乗り、音楽を鳴らして、ドライブを楽しみました。他愛のない話をしながら、変わる景色を見ていました。

海には1時間ほどで着きました。思った以上に短い時間でした。あれほど遠くにあると思っていた海がこんなに近くにあるとは思いませんでした。お喋りをしていたからでしょうか。あっという間です。

海は綺麗でした。泳ぐのではなく、ただ眺めるだけの海でしたが、車の中でのテンションはそのまま、浜辺に向かいました。たぶん、電車で来ていたらこうもはしゃげはしなかったと思います。ドライブは目的地までの助走だったのかもしれません。今度はもっと遠くに行きたいと思った日でした。