» 2014 » 12月のブログ記事

その日は、天気が良かったので、友人と話しをしていて、ドライブをしようということになりました。ドライブをするというのは、主婦にとっては、とても嬉しい事です。それは、日常の生活から離れて、素敵な空間の中で、楽しく過ごす事ができるからです。

そのため、時々生活をしていて、日頃の空気を変えたいと思った時など、直ぐに出かけることにしています。今回は、友人と2人で出かけることにしましたが、時々私一人でもいくことがあります。
それは、お気に入りの音楽を車の中で流しながら、移動することによって、気持ちよくなりリフレッシュする事ができるのです。そしてその日が休みの日だったりしたら、最高の一日にする事ができます。

そしてそんな時に、ドライブをするのは、どこに行くと言うこともなく、車で移動することにしています。
例えば、車でドライブをしていて、話の中で、新しいレストランに行きたいということになったら、そこにいくことにしたりします。すると、その車の中で、いきなり決めたことを実行できる楽しさを感じるのです。
そのため、そのように直ぐにいくところを決めることもあります。

その日にいったのは、学生の時に楽しかった思い出の場所にいくことにしました。そこは、滝があってその滝をみると、パワースポットとしてエネルギーをもらうことができるような気持ちになって、よくそこにいっていたのでした。実際に、移動するとかなりの距離がありますが、そこに到着すると、本当に癒しをもらうことができたのです。

ただ、車でドライブをするということが1番、楽しかったという記憶があります。それは、何気ない話をしたり、素敵な風景を見ることによって、自分が生きていると実感をする事ができるのです。
そしてそれは、車という特殊な空間でないと、感じることができない素晴らしさだと思っています。

私が子どもの頃飼っていた犬は、ドライブが趣味でした。
当時は犬は外飼いだったので、たまに庭から脱走してしまうことがあったのですが、そういうときもあまり遠くには行かないで、隣の家の庭などからこちらの様子をうかがっているような犬でした。

でも、「ご飯よ~」とか「お菓子よ~」とか呼んでも戻ってこようとはしなかったんですが、「車に乗るよ~」と言って、車のドアを開け閉めする音をさせると、急いで戻ってくる犬でした。

そんな犬だったので、父の運転で、家族で祖父母の家に行くときに犬も連れて行くと大喜びでした。
犬は車の後部座席に乗って、窓を開けて、窓枠に前足をかけて、外を眺めるのが好きだったので、私が後部座席に座り、犬が外を見れるような長さでリードを持っていました。

犬は、毎回乗るたびに左右どちらの景色が面白いか迷うようで、乗り込んでしばらくは落ち着きなく、左右を行ったり来たりしました。
行ったり来たりするたびに私の足を踏んだり、太ももを踏んだりするのが痛かったのですが、犬のその様子が可愛くて、私は痛いのも気にならなくて、いつも笑っていました。
私はだいたい左側に座っていて、犬は毎回迷うくせに、結局はいつも私がいる左側の窓を見ることに決めて、私の足を踏みながら、外を見ていました。

車なのだし、帰り道だと夜なのだから、すれ違う車のライトを見たいなら右側になると思うのですが、田舎で、真っ暗な景色の方が多い左側を選んだということは、後から思うと、犬にとっては、私と一緒に外を見るという状況が楽しかったのかなあと思って、改めて、当時の犬の様子が可愛くて、なつかしく思い出します。

犬は、お出かけすること自体よりも、車に乗ることが好きだったようで、一度川に連れて行った時は、川原で遊ぼうともしないで、車のそばにいました。
私は今は普段は車に乗らない生活をしているので、ドライブというと、子どもの頃飼っていたその犬を思い出します。

SA目指してドライブする

| SA情報 |

高速道路に設置されている、サービスエリア(SA)や、パーキングエリア(PA)。ただ休憩するためにあるなんては、一昔前の話です。最近の充実ぶりを見ると、SA目指してドライブするっていうのも、アリな話ですよ。

○遊園地があるSA
伊勢湾岸自動車道の刈谷PAにある刈谷ハイウェイオアシス・岩が池公園には、なんと遊園地があります。遊園地には観覧車やメリーゴーランドなどがあり、小さいお子様が大喜びする施設となっています。また、アスレチックや天然温泉施設まで併設されており、その他にもバラエティに富んだフードコートや、東海地区の名物が勢ぞろいしたショップなど、家族全員が一日楽しめる充実した施設となっています。

また、ここはTVなどでも話題になったデラックストイレがあり、絨毯敷きの床や木製の調度品など、ただのトイレ休憩だけでは勿体ない作りとなっています。

○温泉付きホテルに泊まれるSA
東名高速足柄SAには、温泉付の宿泊施設があります。長時間のドライブの疲れを取るためでだけでなく、癒しとリラクゼーションの空間として、またはファミリーでの憩いの空間として、温泉につかりながらほっと一休み、なんていいですね。

○キャンプができるSA
徳島自動車道吉野川SAには、バンガローやログハウス、キャンプ場があるハイウェイオアシスがあります。テントの貸し出しはありませんが、車を乗り入れてのオートキャンプも可能です。ふれあい動物広場や、なんと遊覧船もあります。

○困った時のコンシェルジュ
コンシェルジュって聞くと、一流ホテルのイメージですが、何とSAにも居るんです。渋滞情報などの交通情報提供をはじめとして、SAのおすすめメニュー・お土産の紹介、周辺の観光スポットの案内や、車椅子、ベビーカー、老眼鏡などの無料貸し出し、コピーやFAXのサービスもしてくれるとのことです。困った時に気軽に相談できるサービスとなっています。

栃木県の日光江戸村をめざしてドライブに出かけました。お天気も良く家にいるのはもったいないと言うことで、突如出かけることが決定され、行き先は日光江戸村にしました。今まで話題にはのっていましたが、行った事が無い私はちょっと楽しみでした。できたら、花魁の格好をして、「あちきはー」などと言いながら写真を撮りたいと一人で妄想していました。

しかし、高速を降りて江戸村に向かう道が大渋滞でした。時間はどんどん過ぎていきます。このままでは、花魁ができないと心配でなりませんでした。どの位時間がたったでしょうか?隣で運転している夫は今日はもう諦めようと言い出しました。江戸村に行っても色んな場所や遊びも満喫できないから、次回にしようと提案してきました。私も花魁できないなら、次回でいいと思いまして、行き先変更となりました。

新しい行き先は大谷観音と地下坑内です。ここも、行ったこと無いので、楽しみでした。現地についてすぐに地下坑内の探索です。地下に降りて行くとびっくりです。なんと広い地下の採掘場、そして、その風情はピラミッドを思わせるような神秘的な光の中にタイムスリップしたようでした。階段を一段づつ降りて、直角に切り出された壁は高く冷たく、どんな方法でこの形になったのか想像もできません。

坑内は音楽祭や結婚式、企業のレセプションに利用されその写真が飾られていました。神秘的な空間で行うそれぞれの行事は想像をこえる異空間をもたらしてくれるように感じられます。しばらくこの坑内の深い空気にふれ異次元を満喫して外の空気に触れました。良い時間を過ごしたと思います。

次に大谷観音を拝観し、欲張りな私はたくさんのお願い事をして、白蛇の頭をなで金運成就を願い大谷寺を後にしました。平和観音にも会いに行き私たちのドライブの帰路につきました。帰りに有名な宇都宮の餃子をたらふく食べ、お土産も買って家路につきました。とても楽しいドライブをした一日でした。

私のオススメのドライブコースは、三浦半島1周コースです。海が好きな方には、大満足のコース間違いありません。
半島の一番外側に沿ってドライブするので、絶えず海を見ることが出来て、天気が良い日などは、とても気持ちが良いです。

横須賀、浦賀、三浦、三崎、葉山を抜けての海三昧コースです。なるべく早くからお出掛けください。昼時に三崎に到着する予定でドライブすれば、美味しいマグロのお店でランチも出来るので、ちょっとした日帰り旅行のような気分になれますよ。

ランチの後は、油壺マリンパークという水族館に寄ってみるのもいいでしょう。その後、葉山方面に向けて車を走らせ、途中に秋谷の立石公園があります。この公園は、「かながわの景勝50選」や「横須賀風物百選」に選ばれている絶景ポイントです。特にオススメは、夕暮れ時です。天気の良い日が前提ですが、富士山も見ますし、サンセットは本当に絶景です。地元の方でも、何回見ても、絶景だと言っていますから。駐車場も無料ですので、ここは、外せませんよ。

その後は、近くにビーカーのプリンで有名なマーロウの本店があります。ここで、プリンを食べながらお茶をするのがベターです。立石海岸の駐車場にも、ドンとう有名な美味しいレストランがあります。ここでは、絶景を見ながら食事をすることができ、有名なお店です。

その他にも、海を眺めながら、食事を楽しめるお店がいっぱいありますので、事前にネットなどで、情報収集をしておくと良いと思います。少し高級なお料理を食べたい方には、「C333」や「葉山テラス」がオススメです。「葉山テラス」では、エントランスに車を預け、スタッフが車を入れてくれるサービスなどもあるので、セレブ感を味わう事ができるでしょう。

そして、更に、海岸線を進み葉山へ、葉山御用邸が見えてきます。このように、このコースは、旅行をしたような気分を味わえるコースです。私は、休日に妻と良くこのコースをドライブで回りますが、飽きる事のないコースです。